--年--月--日 (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009年10月19日 (月) | Edit |
『Equal Rights』 - Peter Tosh


「誰もが天国に行きたがるけど、死を望む者は一人も居ない。
誰もがトップを目指しているけど、トップとボトムにはどれだけ差があるのだろう。
誰もが罪について語っているけど、犯罪者とは一体誰の事だろう。犯罪者など果たして存在するのだろうか。
俺には平和は必要ない。平等と正義が欲しいだけだ。 」



もちろん平和が不要だなんて思わない。
けどきっと極限の人種差別の状況に置かれている彼らにとっては平和よりも「平等」が正義だったんだろう。
差別のある世界には平和なんて来ないんだろうな。

そういう意味において、差別されない・差別をする側の人間(もしかしたら俺らかもしれん)が「平和」を語るのはちゃんちゃら可笑しいんかもな。

日々是自省。
テーマ:reggae レゲエ
ジャンル:音楽
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。