--年--月--日 (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009年11月04日 (水) | Edit |
『ウェステルマン肺吸虫』

ウェステルマン肺吸虫(うぇすてるまんはいきゅうちゅう、学名:Paragonimus westetrmanii)とは住胞吸虫科Paragonimus属に属する吸虫の1種。2倍体個体と3倍体個体が存在し、2倍体個体の染色体数は2n=22で両性生殖を行うが、3倍体個体の染色体数は3n=33で単為生殖のみを行う。なお、3倍体個体は別種のベルツ肺吸虫(P. pulmonalis)として扱うこともある。
虫卵は黄金色の左右不対称、一端は丸みを帯び小蓋を有し他端はやや尖っている。第一中間宿主はカワニナ、第二中間宿主は2倍体個体群ではサワガニ、3倍体個体群ではモクズガニ、待機宿主はイノシシやネズミなど、終宿主はヒト、イヌ、ネコ、タヌキ、キツネ、イタチ、テンなど。
ウェステルマン肺吸虫の虫卵は気管、消化を経て糞便とともに排出あるいは喀痰とともに排出される。虫卵は水中で発育してミラシジウムとなり、ミラシジウムは第一中間宿主である貝の体表から侵入し、体内でスポロシスト、レジア、セルカリアへと発育する。第一中間宿主の体内から脱出したセルカリアが第二中間宿主であるカニの関節部の体表から侵入することで体内へ移行し、セルカリアからメタセルカリアへと発育する。終宿主がカニ類を摂取することにより終宿主の小腸へ移行し、小腸で脱嚢、腹壁を穿孔して胸腔をへて肺に移動し、ペアを形成して虫嚢を作る。
提供: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』


遠慮することはない。
さぁ、ボクの体に宿りなよ。
それこそが愛の至高のカタチ。

にほんブログ村 ゲームブログ テイルズウィーバーへ
コメント
この記事へのコメント
もう、、
長いよっ
メンドイヨ
2009/11/04(Wed) 17:30 | URL  | ファルン #-[ 編集]
>>ファルン
めんどいとか言わないソコw
要するに寄生虫ってことが書かれてるんだよ!
2009/11/04(Wed) 17:39 | URL  | まるごし #0jgv5uJ6[ 編集]
イヤアアアア
スルーしてええええ。
2009/11/04(Wed) 17:51 | URL  | うすてる #6G12Uwao[ 編集]
これは吹いたwww
ウスちゃんが寄生虫だったとは不覚だったぜ…
どうりで最近、体の内部からウステルを感じるわけだ…
2009/11/05(Thu) 22:33 | URL  | ビナ #-[ 編集]
こんですー

すげ…よく調べましたね…
カニが怖くなりました。これからカニシーズンだというのにw
この責任はうすてるにとってもらえばいいでしょうか?ww
2009/11/07(Sat) 02:42 | URL  | 白 #tJ8bLkYs[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。